エステサロンAiWill(アイウィル)

札幌市中央区のオリジナルエステサロンAiWill(アイウィル)

オステオパシーとはAbout osteopathy

オステオパシー (Osteopathy)とは1874年にアメリカミズーリ州のカークスビル在住の医師アンドリュー・テイラー・スティル (Andrew Taylor Still)によって創始された。日本には、大正期にはカイロプラクティック(脊椎指圧療法)、スポンディロセラピー(脊椎反射療法)[1]と同様にアメリカから導入され、指圧や整体など日本の手技療法に大きな影響を与え、共に「療術」と呼ばれていた。

オステオパシーはギリシア語のOsteon(骨)とPathos(病理、治療)の2つを語源とし、日本では整骨療法と呼ばれていたこともあるが(大正期には「整体術」「整体」とも訳されたようである[2])、骨のみを調整する手技とは異なり、骨格などの運動器系、動脈・静脈やリンパなどの循環器系、脳脊髄液の循環を含む脳神経系など、解剖学的あるいは生理学的な広範囲の医学知識の元に、手を使って治療を加える。現在ではオステオパシーとそのままで呼ぶ。しかし、単なる療法ではなく、オステオパシーとは、そのままでひとつの哲学であり、1. 身体全体をひとつのユニットとして考える、2. 身体の機能と構造は一体のものであると考える、3. 自然治癒力を鼓舞することを主眼とするなど、独特の医学体系を持つ。

アメリカの旧・国立補完代替医療センター(現・国立補完統合衛生センター)による補完・代替医療の分類の一つ「手技療法と身体技法」(Manipulative and Body-Based Practices)には、脊椎の徒手整復術(マニピュレーション)、マッサージ療法などがあるが、これらはカイロプラクティックやオステオパシーの概念が背景にある[3]。日本を含め現代の手技療法への影響は大きい。

Wikipediaより引用

米国での医療・医業内容

オステオパスとはドクター・オブ・オステオパシー(Docter of Osteopathy : D.O.)。米国全ての州で西洋医学医師(M.D.)と同様に”診断、外科手術、処方、投与”の医師行為が認められています。

医療科目は急性損傷及び慢性疾患に於いて人体を構成する組織に生じた変化を捉え、それらを手技による矯正技術により患者を適切に再生させる療法です。カイロプラティック(Doctor of Chiropratic:D.C.)は米国では正規の医師ではなく代替医療に属しており一線を引いおりますが、M.D.及びO.D.は医師免許として許可されています。尚、日本の医療ではO.D.の医師免許は認めれられていません。